2006年 03月 13日

日立市発展の礎 ②日立製作所

この日立鉱山で、外国製の機械やモーターの修理をしていた「小平浪平」は、
外国産の機械修理が大変なところから、国内で作れないものかと研究を重ね、
やっと5馬力のモーター開発に成功した。
明治43年(1910年)モーター製作工場を建設。これが日立製作所の始まりである。

[日立製作所日立事業所がある日立市中心部] 海は太平洋 ( 神峰公園頂上から)
f0089349_1324159.jpg


[丘の上に建つ日立研究所]・・・久慈町
主に県内事業所関連の研究機関。日立の頭脳である。
f0089349_13244585.jpg


[日立港]・・・久慈町
工場で作られた重電機類(タービン、水力発電機など)は、この港から輸出される。
f0089349_15431139.jpg


# by kamoshiday | 2006-03-13 13:29 | 日立市発展の礎 | Comments(0)
2006年 03月 13日

日立市発展の礎 ①日本鉱業日立と大煙突

明治38年(1905年)「久原房之助」が、宮田川の上流に日立鉱山を起こし、
鉱石採掘の操業を開始した。その鉱石を精錬し、銅、金、銀を作ったのが、
後の日本鉱業日立精錬所である。
ここが、工業都市として発展した日立市の原点である。

日立精錬所には、高さ155.7mの大煙突が作られた。精錬時に発生する
亜硫酸ガスが、農作物に与える影響を少なくするためのものであった。
現在は、老朽化で折損し、57mとなってしまったが・・・。
(現在の大煙突)
f0089349_13143516.jpg


# by kamoshiday | 2006-03-13 13:15 | 日立市発展の礎 | Comments(0)
2006年 03月 12日

蓮沼、冬のオブジェ

常陸太田市金砂郷町「親沢池」
秋まで咲き誇った蓮の花も、冬になれば朽ち果て、折れ曲がって、ユニークなオブジェを形造っています。水面に映る雲もきれいです。

f0089349_1534595.jpg


# by kamoshiday | 2006-03-12 15:05 | 県外あちこち  | Comments(0)
2006年 03月 10日

初投稿です

exblogを今日、立ち上げました。
思いつくまま、写真をベースに、気ままに書き込みして行きたいと思います。
よろしくお願いします。

# by kamoshiday | 2006-03-10 14:40 | チョッと一言 | Comments(0)