<   2006年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 31日

茨城県植物園の片隅で・・・

誰も行かない植物園の片隅に咲いていた花です。

             ヤマオダマキ? 恥かしそうに下をむいたままで・・・
f0089349_15175584.jpg

             シンシア(つつじ科)
f0089349_15192818.jpg

             雑草に虫が・・・
f0089349_15201114.jpg


by kamoshiday | 2006-05-31 15:24 | 季節の草花 | Comments(0)
2006年 05月 31日

日立市民運動公園・・・東成沢町

施設:陸上競技場、体育館、野球場、テニスコートなどがある(5/26撮)
f0089349_7382339.jpg

     公園で遊ぶ仲良し姉弟
f0089349_7401058.jpg


by kamoshiday | 2006-05-31 07:44 | 日立の街あちこち | Comments(0)
2006年 05月 29日

国民宿舎「鵜の岬」と小貝ヶ浜・・・十王町

国民宿舎鵜の岬は、全国178ヶ所ある国民宿舎の内、過去16年間連続日本一の利用率を誇る人気no.1の宿舎である。客室58、宿泊定員204名、なかなか予約が取れないそうだ。
(5/26撮)
国民宿舎「鵜の岬」  右奥のドーム型屋根は、日帰り温泉「うららの湯」
f0089349_15392122.jpg

宿舎庭園内にある池では、蓮の花が咲き始めていた。
f0089349_15412030.jpg

f0089349_1541552.jpg

宿舎前の断崖には、釣り人の姿も・・・
f0089349_15435922.jpg

すぐ目の前にある「伊師浜海水浴場」で、コンブorワカメを干すオバさん 
f0089349_1547364.jpg


国道6号線、国民宿舎入り口にある、新鮮な野菜の直売所「うきうき(鵜来鵜来)」
f0089349_15524633.jpg


「小貝ヶ浜自然公園」 
鵜の岬からこの辺りは、鵜の飛来地として、県の天然記念物に指定されている。
f0089349_166436.jpg


by kamoshiday | 2006-05-29 16:24 | 日立の街あちこち | Comments(1)
2006年 05月 28日

春のばら祭り・・・Ⅰ

常磐高速「那珂インター」から大宮方面へ約10分ほどのところに、「茨城県植物園」がある。
6/25まで「春のバラ展」が開催されていたので、立ち寄ってみた。
展示ばらの種類は80種あるとのことでしたが、その一部をご紹介します。(5/28撮)

             マチルダ
f0089349_19543023.jpg

             オレンジメイアンディナ
f0089349_19554776.jpg

             花霞
f0089349_19561866.jpg

             ローズドゥレッシュ
f0089349_1958531.jpg

             ファンブリアータ
f0089349_1959867.jpg

             フリージア
f0089349_19594655.jpg

             グルーテンドルスト
f0089349_2004184.jpg

             ザ・マーガレットローズ
f0089349_2013813.jpg


by kamoshiday | 2006-05-28 20:02 | 季節の草花 | Comments(3)
2006年 05月 28日

ヨセミテ国立公園を行く

広島県の岡田さんからいただきました。ありがとう。
岡田さんは、社会人野球で共に情熱をたぎらせた、云わば戦友であり生涯の友です。
アメリカを旅してきたと、写真を送っていただきました。その一部です。

カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にある世界遺産「ハーフドーム」 高さ2693m。
2万年前の氷河が削り取った荒々しい姿が見られるとのこと。
f0089349_15194378.jpg

「ヨセミテ国立公園」の一枚岩。高さ1,000m、世界一だそうです。
f0089349_1136380.jpg

ヨセミテの滝。3段に落ちるその高さは740m、これは世界三位だそうです。
壮観です。(袋田の滝・・・4段で120m、迫力が違いますね)
f0089349_1139356.jpg


by kamoshiday | 2006-05-28 11:41 | 千客万来 | Comments(0)
2006年 05月 27日

新緑の福島県裏磐梯で遊ぶ・・・Ⅲ

裏磐梯のここもいい!朝日を浴びて輝く新緑・・・桧原湖とその周辺で(5/18撮影)

f0089349_913224.jpg

f0089349_92010.jpg

f0089349_922633.jpg

f0089349_924873.jpg

f0089349_932198.jpg

f0089349_934682.jpg

f0089349_1071451.jpg

f0089349_163143.jpg


by kamoshiday | 2006-05-27 09:05 | 県外あちこち  | Comments(2)
2006年 05月 27日

新緑の福島県裏磐梯で遊ぶ・・・Ⅱ

裏磐梯には青春の想い出がいっぱい詰まっている。桧原湖でのキャンプ、民宿へ泊り込んでのスキー、捻挫して滑らずに帰ってきた苦い経験も・・・今は懐かしい想い出である。(5/18撮影)

桧原湖の朝です
f0089349_8544879.jpg

f0089349_8551428.jpg

f0089349_8553531.jpg

f0089349_85631100.jpg
f0089349_857285.jpg


by kamoshiday | 2006-05-27 08:58 | 県外あちこち  | Comments(0)
2006年 05月 26日

法就院五重の塔、パノラマ公園・・・十王町

十王町は、2004年11月に、多賀郡十王町から日立市に編入された。
6号国道から、JR常磐線十王駅方面に向かい常磐線を渡ると、
すぐ右手に法就院の五重の塔が見えてくる。(5/24撮)

           法就院本堂と弘法大師行脚時代の銅像
f0089349_1327875.jpg

           五重の塔
f0089349_13274621.jpg

f0089349_13285967.jpg

   更に2km程北上すると、「十王パノラマ公園」に着く。
   高さ20mの展望台があり、阿武隈山系や太平洋が望める。
   春は桜の名所でもある。
f0089349_13345012.jpg

     公園の頂上から望む「十王ダム」
f0089349_1335276.jpg


by kamoshiday | 2006-05-26 13:34 | 日立の街あちこち | Comments(0)
2006年 05月 25日

初夏の兼六園

石川県のアルファさんから頂きました。ありがとうございます。
立夏も過ぎて、園内の緑も一段と鮮やかさを増しましたね。カキツバタも印象的です。
いつの日か是非金沢を訪ねてみたいと思っています。

f0089349_1615260.jpg

f0089349_1624149.jpg

f0089349_1641839.jpg

f0089349_1663811.jpg

f0089349_1665657.jpg

f0089349_1672085.jpg

f0089349_1674558.jpg

f0089349_1691925.jpg

f0089349_1610225.jpg

f0089349_16213566.jpg


by kamoshiday | 2006-05-25 16:15 | 千客万来 | Comments(0)
2006年 05月 24日

銀行が大儲け

大手銀行・金融6グループの3月期決算が発表されたが、これまで最高だったバブル期の1.7倍という過去最高の利益を出したという。

大変結構な事だが、これは、我々国民の血税を公的資金として国から注入され、手厚く守られたからである。その陰で、銀行の貸し渋り等により、資金調達が出来ず倒産した中小企業は数知れない。我々国民の預貯金も、只同然の金利で協力してきた。

こうした背景を、金融機関の皆様は充分認識していらっしゃるのでしょうか。ならば、決算発表と同時に、利用者に対し、利益還元の具体的内容を示す位の配慮があってもよかったのではないか。今回の利益は、巨額引当金を一括して利益に計上したからだと言うかもしれないが、これも所詮は利益である。
100万円預金して1年かかって得た利息も、2~3回の手数料を払うと無くなってしまう様なことでは、今後は困る。目に見える還元をすべきだと思う。

年金保険料、介護保険料、タバコ、酒類、消費税、全てが上がる時代だ。老年者、配偶者控除の一部、定率減税もなくなる。ガソリンも高すぎる。医療制度改革法案も強行採決され、お年寄りも厳しくなった。人口の減少と相まって、これからも国民の負担は増大して行くことでしょう。

国民が最低限度の生活を保障され、安心して生活できる日は来るのであろうか。
国会議員の皆さんも、もっと知恵を出してください。

by kamoshiday | 2006-05-24 21:09 | チョッと一言 | Comments(1)