2008年 12月 21日

巨人像「ダイダラボウ」のある公園・・・水戸市塩崎町

縄文時代前期に形成されたという国指定史跡「大串貝塚」。
そこに整備された「大串貝塚ふれあい公園」です。

巨人像「ダイダラボウ」 高さ15m。 体内の階段を上って眺望を楽しめる。
この巨人が、ここから海へ手を伸ばして貝を食べ、この「貝塚」が出来たという伝説。
f0089349_1929056.jpg

「縄文くらしの四季館」 縄文人の暮らしを紹介している。内部は撮影禁止でした。
f0089349_19332167.jpg

f0089349_206105.jpg

「ダイダラボウ」の体内から見た公園
f0089349_19293616.jpg

古代復元住居
f0089349_19295382.jpg
f0089349_19301219.jpg

弥生時代の住居内部
f0089349_19312166.jpg

「ダイダラボウ」の足跡
f0089349_19343758.jpg

f0089349_19592770.jpg


by kamoshiday | 2008-12-21 20:06 | 茨城県内あちこち | Comments(2)
Commented by geiei at 2008-12-21 22:04
すげぇ~!大きい!!これって、他の地区では「でぇだらぼっち」、「だいだらぼっち」と呼ばれているのと同じですかね?
Commented by kamoshiday at 2008-12-23 11:00
geieiさん、おはようございます
大きいのが好きな茨城ですからね。「だいだらぼっち」と同じですね。


<< 初雪・・・      ボンネットの芸術 >>