2008年 02月 15日

「大内宿」の雪まつり③

大内宿から6km離れた所に「なかやま公園」があります。
そこでは「雪月火」と銘打って、雪と炎の祭典がが行われて
いました。
1500本のローソクの灯りが、雪の降る丘に立つ光景は
見応えがありました。
                                         祭典の名称「雪月火」の灯り
f0089349_18355410.jpg

        丘に並んだローソクの灯り
f0089349_18362798.jpg
f0089349_18364618.jpg

        池に浮かぶ灯り
f0089349_18371189.jpg
f0089349_18373484.jpg

f0089349_18375582.jpg


by kamoshiday | 2008-02-15 18:41 | 県外あちこち  | Comments(6)
Commented by odamaki719 at 2008-02-15 20:24
こんばんは~これは昨年も見せて頂きましたね。
1500本のろうそくの灯がとても美しいです!
Commented by geiei at 2008-02-15 21:53
まいったなぁ!このような行事があることを知りませんでしたよぉ!
Commented by kamoshiday at 2008-02-15 23:32
odamakiさん、こんばんは
ここは初めてのところなんですよ。去年のは・・・常陸太田市の
ものかな? いずれにしても、何度でも見たいものですね。 
Commented by kamoshiday at 2008-02-15 23:42
geieiさん、こんばんは。
なかやまの「雪月火」は、今年で4回目だそうですよ。地元の方でも
知らない人がいても不思議じゃないですね(笑)
地元の青年達が、資金不足をカバーするため、すべてを手作りで
やったと言ってましたよ。応援したくなりましたね。
Commented by henryworld at 2008-02-16 13:17
ものすごく幻想的ですね。寒さを感じさせない光景です。刺激の
少ない冬の時期に知恵を絞ったイベントなのでしょう。地元の方
々のご努力に敬意を表します。
Commented by kamoshiday at 2008-02-16 20:33
henryworldさん、こんばんは
仰るとおりですね。お客を送り迎えするシャトルバスも、各自の
自家用車でピストン輸送をしていました。頑張ってほしいですね。 


<< 雪景色      南会津の冬景色 >>