2007年 10月 09日

「おわら風の盆」に魅せられた夜

8日の夜、「ひたち秋まつり」で、初めて「おわら風の盆」を観る機会を得ました。
その唄と踊りは、叙情豊で気品が高く、哀調の中に優雅な趣がある素晴らしいものでした。
本場(富山市八尾町)の踊りを、直にこの眼で観てみたいものです。

f0089349_20551662.jpg

f0089349_21485431.jpg

f0089349_20555145.jpg
f0089349_2056818.jpg

                         8日シビックセンターメインステージ

by kamoshiday | 2007-10-09 21:00 | 日立の街あちこち | Comments(6)
Commented by odamaki719 at 2007-10-09 21:12
こんばんは~私も9月初めの「風の盆」に行きたいと思いながら実現
しないままになっています~すごい人出で八尾では宿泊もできない
そうです~そのような話を聞くとつい考えているうちに月日が過ぎてしまい
ます~でも「ひたち秋祭り」でご覧になれてよかったですね~有名な踊り
手がいると聞いたことがあります~胡弓の音がもの哀しいのですよね~~
Commented by 5355iyoko at 2007-10-09 23:17
日立と八尾はどんな関係で「風の盆」を見せてくれるのでしょうね、
私も一度この踊りを見たいと思っていました、中々きかいを作れずいけません、
音楽と優雅な踊りが伝わって来るようです。
Commented by geiei at 2007-10-09 23:19
「風の盆」ってほぼ徹夜で踊り続けるんですよね?(違ったかな?)以前、TVで紹介されていたような気がします。実物を是非見てみたいものです。
Commented by kamoshiday at 2007-10-10 10:43
odamakiさん、こんにちは
来年は是非行きたいと思っていますが、どうなりますか。
哀愁を帯びた胡弓の音と踊りが、とても印象的でした。日本には、
こんなに素晴らしい民族舞踊がある事を再認識させられましたね。
Commented by kamoshiday at 2007-10-10 10:56
あーちゃん、こんにちは
「ひたち秋祭り」と称して、全国の「郷土芸能大祭」が開かれた中の一つが、この「おわら」でした。
余りにも印象的だったので、これだけをUPしましたが、本場の雰囲気を、直に味わってみたくなりましたね。
Commented by kamoshiday at 2007-10-10 11:01
geieiさん、こんにちは
徹夜で踊るかどうかは知りませんが、哀愁があって優雅で気品がある、こんな素晴らしい踊りが日本にはあるんですね。


<< 田んぼのわら焼き      山間の秋景色 >>