2007年 06月 20日

東尋坊の夕陽に思うもの・・・

東尋坊を訪ねたのは三度目であるが、日本海に沈む夕陽に出遭えたのはこれが初めてである。
この夕陽を見ながら、どんな思いで何人の人々が己の命を絶ったのかと思うと胸が痛む。
f0089349_2036030.jpg

f0089349_20372233.jpg

f0089349_20375477.jpg

f0089349_20384029.jpg

  左に日本海をみながら歩く遊歩道
f0089349_20384978.jpg

                                                  5/16撮影

by kamoshiday | 2007-06-20 20:45 | 県外あちこち  | Comments(4)
Commented by odamaki719 at 2007-06-20 20:57
こんばんは!東尋坊には何時行かれたのでしょう?新潟に行かれた
時でしょうか〜〜自分の命を絶つ時はその時点で心がもう麻痺して
いるのだと思います〜そうでないと飛び込めません!
最後の散歩道気持ちの良さそうな道ですね〜〜
Commented by geiei at 2007-06-20 21:49
自らの命を絶つ方は、オイラが思うに景色など目に入らないのではと思います。もし、景色が目に入るようなら、その行為を途中で止めるのではないかと考えます。
Commented by kamoshiday at 2007-06-20 21:53
odamakiさん、こんばんは。
5月16日、四国へ行った帰りに、もの凄く遠回りして立ち寄ったんです。心が麻痺してしまうんでしょうね。その前のウツ状態の時に、それを理解してあげる人がいれば、そうはならないんでしょうがね・・・
Commented by kamoshiday at 2007-06-20 21:59
geieiさん、こんばんは。
>景色など目に入らないのではと思います。
そうかも知れませんね。朦朧とした意識の中に、ぼんやりと見えるだけかもしれませんね。


<< 山ふところに抱かれて・・・      木漏れ日 >>