2006年 10月 27日

44年振りの日本一!

日本ハムファイターズが、中日を4勝1敗で下し、44年振りの日本一に輝いた。
北海道に本拠地を移して3年目、特に「ひいきのチーム」ではなかったが、
新庄選手のパフォーマンスには、いろいろ楽しませてもらった。
「記録より記憶に残る選手」をモットーに、ファンサービスに徹し、スタンドを満席に
した新庄選手の功績は極めて大きく、低迷を辿る日本のプロ野球に新風を吹き込ん
でくれた。
まだまだ活躍できる選手なのに、今シーズン限りでの引退は惜しまれるが、それも
また人生、新たな世界で頑張って欲しい。
お疲れ様でした!

                  監督より先に「胴上げされる新庄」
f0089349_15353690.jpg


by kamoshiday | 2006-10-27 15:41 | チョッと一言 | Comments(4)
Commented by geiei at 2006-10-27 21:41
あくまでヤクルトファンのオイラのシーズンは、既に終了しているので普通に世界遺産のVTRを見ていました。
Commented by kamoshiday at 2006-10-27 22:14
ベイスターズのファンとしても、消化試合程度に、山形の国民宿舎で
観てただけですが、少なくても、北海道の活性化に寄与した新庄には
敬服です。
Commented by koara at 2006-10-27 23:29 x
日本ハム優勝おめでとう!
私が一番うれしいのは、新庄剛志外野手が日本ハムにいたことです。
野球選手で一番フアンを楽しませるのに努力し、
サプライズを繰り返し続けた選手は新庄選手以外、いないと思っています。
彼は自分の個性を最大限生かすことにより、フアンを楽しませ、
ひきつけるコツを身に着けたのは、アメリカで体験してきたからだと思っています。
残念なのは、4月に引退声明され、現役にお別れしてしまうことです。
まだ若いので、今後もサプライズを続け、人生を楽しまれると思うが、
今後も続けていかれるプロ野球選手は、野球フアンを増やすためにも、新庄選手のようなフアンにサプライズを与え、楽しませる選手が増えることを期待しています。
協会の保守的なルールを固持するようでは、野球の繁栄は無いと思っている一人です。
Commented by kamoshiday at 2006-10-28 22:20
その通りですね。プロ野球は、所詮エンターテインメント。
もっと楽しくやらないとダメですね。


<< 赤芝峡の紅葉      コスモス >>