2006年 10月 18日

藁クズ焼き

田圃で、わらクズを集めて焼くおばあちゃん
f0089349_20522282.jpg


by kamoshiday | 2006-10-18 20:53 | 今日の一枚 | Comments(9)
Commented by geiei at 2006-10-18 20:56
ミレー?の「落穂拾い」みたいな構図ですねぇ。今にも動き出しそうな雰囲気がgoodですね!
Commented by koara at 2006-10-18 22:26 x
田んぼでの農婦の姿を見た瞬間、geieiさんと同じ事を思い浮かびました。
あまりにも有名な写実派ミレーの「落穂拾い」は当時「人間の格差を表現されている」(貧乏人の象徴)
と批判されたようですが、農耕民族の日本人としては、
高齢な農婦と思われるが、元気で逞しく働いている様子は羨ましく思われます。
農婦に「天晴れ」と言いたい。
その姿を切り取ったkamoさんは、安倍総理大臣賞ものですね。
Commented by odamaki719 at 2006-10-19 11:28
 私には真似の出来ない作業です。すぐ腰痛だ!腰痛だ!と叫びそうで・・・静かな中にも逞しさが感じられますよね。
Commented by kamoshiday at 2006-10-19 19:59
geieiさん、こんばんは。
お褒めに預かり嬉しい限りです。「落穂拾い」のイメージをして
撮ったものではありませんが、好きな被写体です。
Commented by kamoshiday at 2006-10-19 20:37
koaraさん、こんばんは。
この写真は、ミレーの「落穂拾い」に匹敵する尊い姿だと思いますね。
藁クズを燃やして、来年のための土壌改善に繋げるんだからね。
私は、「落穂拾い」が人間の格差を表現しているとは、最初から
思いませんでしたね。農耕民族だからでしょうか・・・
Commented by kamoshiday at 2006-10-19 20:41
odamakiさん、こんばんは。
このおばあさんは、私の見た限りでは、70歳を超えた方に見えましたよ。
多少腰が曲がって・・・お元気ですねえ。
Commented by koara at 2006-10-19 23:06 x
kamoさん こんばんは!
「落穂拾い」と「人間の格差社会」の関係について
日本でも昔から落穂拾いはありましたし、私も中学まで手伝いのつもりで
「自分の家の田んぼ」(日本人は他人の田んぼの落穂拾いはしないと思います)で
「稲の落穂拾い」をやった経験があります(麦の落穂拾いはやったことありませんが)。
日本人の「落穂拾い」は生きるためでは無く「勿体無い」の精神でやります。
しかし、ヨーロッパ民族はご存知のように狩猟民族で、米は主食にしていないと思います。
ミレーの落穂拾いは「稲の落穂」ではなく、「麦の落穂」(製パン用)と思いますが、
富んでいる農民(豪農)は収穫が雑で、落穂なども拾わないと言われています。
落穂を拾っている農婦は「自分の畑の落穂拾いをしているのではなく、
他人の畑の落穂を拾って生活しているが、タブー視されていた」と言われています。
それを絵に描いた事が「貧民をさらし者にした(絵に描いた)」という事で、ミレーの落穂拾いが当時非難されたと思います。
それほど当時は貧富の差が大きい事から、おこぼれ頂戴は許されていた様ですよ。
Commented by れいなじ at 2006-10-23 05:47 x
コメントを入れたほぼ全員の皆様がミレーの「落穂拾い」と絶賛されています。
この画像“ものになる”のではありませんか。例えば、写真展とか。
Commented by kamoshiday at 2006-11-17 06:54
れいなじさん、コメント頂きありがとうございます。
褒めていただけると励みになります。気づくのが遅れてしまいました。
これからも宜しくお願いいたします。


<< グラデーション      散歩 >>