kamoのフォトサロン

kamoshiday.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 31日

岡倉天心の五浦

近代日本を代表する文明思想家(日本画)の 岡倉天心 が、日本美術院を創設し、五浦の地
(茨城県北茨城市大津町五浦)に居を構えてから100年が経つと云う。
4人の愛弟子、横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山と共に、日本画の近代化を目指した
美術活動を展開したという。現在の五浦を見にでかけてみた。

 天心の邸宅(明治38年建築)
f0089349_20344968.jpg

 邸宅横にある記念碑。 「亜細亜ハ一なり」
f0089349_20582825.jpg

 太平洋を望む「六角堂」 同時期に建てられ、読書と思案にふけったところ
f0089349_20394630.jpg

 「六角堂」からの眺め
f0089349_2040437.jpg

f0089349_2041972.jpg

f0089349_2125123.jpg

f0089349_20413182.jpg

「「茨城県天心記念五浦美術館」 関連資料が展示されている
f0089349_204819.jpg

美術館ロビーからラウンジを見る
f0089349_21421074.jpg


by kamoshiday | 2006-08-31 21:03 | 県外あちこち  | Comments(10)
Commented by koara at 2006-08-31 23:35 x
岡倉天心、あまりにも有名ですね。
画家らしく好い所に居を構えておられたのですね。
変化に富んだ海岸も素晴らしいですね。
読書と思案に耽るといわれますが、海と海岸を題材に幾らでも絵を描け、飽きることが無い所の様ですね。
私も「余生はこのようなところで過ごせれば良いのになあ」と、ふと適わぬ夢を思いました。
Commented by geiei at 2006-08-31 23:58
波の音を聴きながら読書って贅沢な時間の過ごし方ですねぇ!
Commented by kamoshiday at 2006-09-01 07:58
koaraさん、おはようございます。
変化に富んだ五つの入り江があるところから、五浦(いずら)と云うそうです。想い出の地でもあります。
余生をこんなところで過ごせたらいいですね。
Commented by kamoshiday at 2006-09-01 08:07
geieiさん、おはようございます。
美術史家、美術行政家なんて云う肩書きもあるようですから、
いろいろ勉強もしてたんでしょうね。
Commented by pepo629 at 2006-09-01 10:17
教科書に載ってる人だけど,何をした人か分からない。(勉強不足)
空,綺麗ですね。スペインの空も綺麗だったよ~
Commented by kamoshiday at 2006-09-01 14:10
pepoさん、お帰り! 婚前旅行よかったね!
岡倉天心は日本画の先生ですよ。美術評論家でもあるけどね。
スペインの写真見せてください。
Commented by pepo629 at 2006-09-05 13:36
ビデ事件も載ってます(爆)

今4回目の連載を行っていますのでスペイン旅行記の感想を我がブログで。
Commented by kamoshiday at 2006-09-08 07:45
了解しました。
6日から、我等がフォトクラブの写真展を開いていますので
そちらの準備などで、ブログが疎かになってました。ごめんなさい。
Commented by pepo629 at 2006-09-08 14:09
フォトクラブの写真展ですか。
素敵な趣味ですねぇ!ちなみにスペインの写真は彼氏がほとんど撮りました。
Commented by kamoshiday at 2006-09-11 07:54
pepoさん、写真展は昨日でようやく終わりました。
彼氏が撮ったスペインの写真、観させてもらいます。


<< 垣根に咲く花       キョウチクトウ >>