kamoのフォトサロン

kamoshiday.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 11日

フウセンカズラ

去年亡妻が採取した「フウセンカズラ」の種を、今年蒔くのを忘れてしまった。しかし、自然に落ちた種から、一本だけ芽を出し、
白い小さな花と実をつけてくれた。愛しいと思う。
f0089349_13155730.jpg

f0089349_13161646.jpg

f0089349_13164524.jpg

                            (おまけ)
f0089349_13173027.jpg


by kamoshiday | 2006-08-11 13:18 | 季節の草花 | Comments(7)
Commented by koara at 2006-08-11 17:55 x
kamoさん こんばんは!
可愛いきれいな白い花と実、爽やかで涼しげですね。
控え目にひっそりと咲く「フウセンカズラ」を好きな亡き奥さんは、
さぞ「心穏やかで、優しい人柄」であった事と偲ばれます。
ちょうちょうは別場所で撮られたと思いますが、
「組み写真」として観ると、奥さんの身代わりの様に思われて仕方有りません。
8/14からお盆です。そのせいでしょうか。
何時までも絶やさず、大切に、思い出の「フウセンカズラ」を育て続けてください。
Commented by geiei at 2006-08-11 21:42
3枚目と4枚目の写真が特にいいですねぇ!
どんな暑さなのかでも、このような写真を見ると暑さを一瞬でも忘れることができます。ありがとうございました。
Commented by kamoshiday at 2006-08-11 21:57
koaraさん、こんばんは。いろいろありがとうございます。
今年は新盆です。初めてのことで何も分らず、慌てて準備に奔走しています。蝶々は、フウセンカズラを撮っている時に現れました。ふとkoaraさんと同じように思え撮ってみました。大切にします。
Commented by kamoshiday at 2006-08-11 22:07
geieiさん、いつもありがとうございます。
いろいろな想いの中で撮っていると、時間も暑さも忘れていることがあります。過去の重さを感じます。
Commented by koara at 2006-08-11 23:34 x
kamoさん ご存知と思いますが、お墓参りは8/14~8/16の間に済ませますが、
近所の方、親戚の方々も墓参りしてくれると思いますので、
前日の8/13に墓掃除(墓石があれば、タオル等でキレイに汚れを拭いてあげます)をしながら墓参りを済ませ、
8/14はご自宅に仏様が帰って来ますから、お迎えし、8/16に仏様はお墓に帰られますので、
改めて8/16も墓参りすると良いですね。
お墓は昔からありますので我が家ではそうしています。
お墓に行くと心が落ち着いて、気持が良いですよ。
お墓に捧げた供物を、仏様に代ってゆっくり戴きながら、家庭での出来事等を報告しています。
仏様には報告を、神様にはお願いを、我が家ではしています。
その逆はしておりませんよ。
Commented by kamoshiday at 2006-08-12 07:40
koaraさん、おはようございます。いろいろありがとうございます。
地域によって新盆の迎え方は少しずつ違うようですね。新盆の場合、こちらは、12日前に墓掃除を済ませる。13日朝 精霊棚へ位牌を移し、墓参りをする。夕方から盆提灯を灯す(迎え火)。16日夕方(送り火)墓参り。
これがこちらの新盆の迎え方です。勿論お盆期間中に、坊さんの棚経が
あります。我が家は13日の午後4時からです。(盆は13日~16日)
お墓には、これまでも週2回、花を絶やさないように行ってました。供物を捧げるのは禁止されているので花と焼香だけです。仏様には報告とお詫びになってしまいますね。仏様と神様、日本人の多様性を見る感じですよね。ありがとうございました。
Commented by koara at 2006-08-12 10:46 x
おはようございます。
良く心得ておられるので、安心しました。
地域の習慣にしたがって、執り行う事が良いですね。
大切なのは、仏様を大事にする事ですね。
私の家では今、仏壇の前に祭壇を設け、燈篭、提灯、その他等を飾ったところです。
仙台のお墓掃除は、墓地全体の掃除はお寺でやりますが、各家庭の掃除は13日までに済ませるので、
11日や12日に済ませるところも有ります。
供物はお墓に捧げてそのまま帰ると、後で烏等がお墓を汚したり、鳥達が食べなくても腐って異臭が出ます、
どちらにしても、お墓を汚しますので、全部その場で戴くか、残ったものは持ち帰ることに成っていますね。
生前好きだった物は捧げてあげ、帰る時はお墓に残さない事が良いのではないでしょうか(禁止と言うのは極端で、一部の墓参りの礼儀を欠く人がいるから、そうなってしまったのでしょうね。嘆かわしい事ですね)。


<< ツタ      仙台の七夕 >>