kamoのフォトサロン

kamoshiday.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 06月 17日

日鉱記念館・・・宮田町

1905年(明治38年)、久原房之助が日立鉱山として開業し、工業都市・日立市の発展の原点となった。開業数年後には、四大銅山の一角を占めるまでになったが、1981年、76年間の操業を経て閉山した。その歴史と、当時の町の暮らしや模擬坑道、掘削機等の展示がされている。(6/17撮)

鉱山跡に建てられた 日鉱記念館
f0089349_2025672.jpg

記念館入口より
f0089349_21195218.jpg               
                







 




                              日立鉱山の鉱石
f0089349_20513394.jpg










第一竪坑
1906年から閉山までの75年間活躍した、深さ500mに及ぶ竪坑が残されている。
同じく第十一竪坑も保存されてます。
f0089349_20305682.jpg

一本杉
日鉱記念館へ行く途中、県道の真ん中にある一本杉。樹齢450年、日立市指定天然記念物
f0089349_20485187.jpg


by kamoshiday | 2006-06-17 21:04 | 日立の街あちこち | Comments(0)


<< 花菖蒲      アジサイの花 >>