2006年 03月 14日

WBCアメリカの失態!

WBC対アメリカ戦で、アメリカの主審が、とんでもない大誤審をしたため、日本は負けた。
誤審と云うより意識的に塁審の判定を覆し、アウトの判定をしたのだ。
あってはならないことだ!

3:3の同点、8回一死満塁、打者岩村が、レフトに犠牲フライを上げ、西岡がタッチアップ。
このタッチアップが早かったと、アメリカが抗議したが、2塁塁審はセーフの判定をした。
ところが、主審がこの判定権限は主審にありとして、判定を覆しアウトとした。
信じられないことだ!

野球発祥の地、アメリカの権威は、この主審(ボブ・デ-ビットソン)によって地に落ちた。
ビデオで確認しても、明らかに誤審と判るものだ。世界のメディアも一斉にブーイング。

日本はこれにめげず、残り2試合を勝ち抜くために頑張って欲しい。
世界のファンが応援してくれるだろう。頑張れ日本!!

by kamoshiday | 2006-03-14 07:21 | チョッと一言 | Comments(1)
Commented by kamoshiday at 2006-03-14 08:20
甘えん坊さん、おはよう!
あなたのブログみました。あなたはもう立派な大人です。子供扱いはしませんよ。これからも愉しみにしています。


<< 覚念寺の梅の花・・・金沢町      [プロフィール] >>