2009年 10月 19日

秋の彩り「コキア」が見頃です・・・ひたちなか市

今、国営「ひたち海浜公園」では、紅葉する草「コキア」和名「ほうき草」が見頃です。  
競うように咲くコスモスとのコラボも見事で、見晴らしの丘は、訪れた多くの人々で賑わっていました(18日)

        「コキア」の丘を歩く・・・
f0089349_10314557.jpg




       丘の頂上から・・・
f0089349_10481452.jpg

f0089349_1116839.jpg

       丘を見上げて・・・
f0089349_10483863.jpg

f0089349_1049285.jpg

f0089349_1050034.jpg

f0089349_11233090.jpg

       常陸那珂港区方面
f0089349_10552585.jpg

f0089349_10504764.jpg


by kamoshiday | 2009-10-19 11:00 | 茨城県内あちこち | Comments(12)
Commented by kumico1214 at 2009-10-19 18:51
kamoさ~ん、こんばんはぁ。

今朝の読〇新聞の一面にも出てましたが、こちらのコキアは、その数倍きれいですね~(^^)
帽子を並べて撮った写真が可愛いです。
友達が、同じ新聞を見て、「生で見たい~」とメールしてきました。
ただいま多忙中のため、来園は難しいと愚痴っておりましたので、
Kamoさんのブログを見るように伝えますね♪

今度の休みに 私もでかけよう(^^)
Commented by gurannma810 at 2009-10-19 20:33
見事ですねぇ。
私も新聞で見ました。 以前から行きたいと思いつつ まだ叶いません。
方向音痴の私が出向くには ちょっと遠い。
バスツアーでも探して・・・・ たびたび行きたいです。
Commented by ワンちゃん at 2009-10-19 21:31 x
4年ほど前…例によって予備知識なしで行って…初めて見て…こんな植物があるんだ!ってビックリした記憶があります。
定期的に送られてくる国営「ひたち海浜公園」のパンフレットにも載ってますけど…今が見頃というのは、今朝の新聞で知りました。
1枚目がいい感じです ♪~
Commented by kamoshiday at 2009-10-19 22:30
kumicoさん、こんばんは
そうそう、今朝の新聞に載ってましたね。こんなブログで良かったら
いつでもどうぞ・・・。一度は生で見ておくのもいいものですよ。
Commented by kamoshiday at 2009-10-19 22:35
gurannmaさん、こんばんは
電車で1.5時間あれば来られます。韓国よりはずっと近いですよ(笑)
バスツアーがあればベストだね。是非どうぞ・・・
Commented by kamoshiday at 2009-10-19 22:40
ワンちゃん、こんばんは
昨日は水戸に用事があって出かけたのですが、時間があるので立ち寄ってみました。入園料無料の日でラッキーでしたが、その分、もの凄い人でしたね。真っ赤はあまり好みませんが、取りあえずupです(笑)
Commented by 5355iyoko at 2009-10-20 01:30
お天気に恵まれ、コキアの色具合も良い日に行きましたね!
私も仲間に「良いよ行ってみたら」と何度も言われたのですが・・・行ってません!
素晴らしい数と色のコキアですね・・・でも人の数もすごいですね。
Commented by kamoshiday at 2009-10-20 10:45
あーちゃん、おはよう
時間を作って見に来てください・・・いいですよ。
この日は入園料無料の日曜日でしたから、人でいっぱいでしたね。
Commented by hitatinotono at 2009-10-20 18:35
好いですね~♪
1と6枚目、上手いですね~~^^。
1のメルヘン調が最高で~す!
Commented by pu_ko_4234 at 2009-10-21 09:44
ネモフィラが咲いていたところに秋はコキアなのですね。
すごく可愛らしい色できれいです。
来年行ってみたいですね。
Commented by kamoshiday at 2009-10-22 10:09
tonoさん、おはようございます
いつも褒めていただいて恐縮です・・・(^-^) 
Commented by kamoshiday at 2009-10-22 10:13
pu_koさん、おはようございます
そうです、今年はコキアでしたね。来年は何になるのか分かりませんが
毎年楽しみです。来年是非来てくださいね・・・


<< 洋画家「中村つね」のアトリエ・...      「たそがれ」 >>