kamoのフォトサロン

kamoshiday.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 16日

映画「ディア・ドクター」を観賞

          一昨日、近隣の常陸太田市町屋町の山間部で撮影された題記の映画を観た。
          かつて無医村だった山間僻地の村で、村人から大きな信頼を寄せられていた中年の医師「伊野」
          (笑福亭鶴瓶)のヒューマンドラマである。
          高齢者が半数以上の村で、たった一人の医師である彼には、「無資格医」という大きな秘密があった。
          ある時、あるきっかけで彼は失踪し、警察に追われる立場となったが、それまでの献身的に尽くした彼の姿を
          見ていると、「それでもいいじゃないか・・・」と言いたくなるような人間味溢れる物語でした。
          「その嘘は罪ですか・・・」と問いかけるポスターがすべてのように思えます。        
          この映画でのもう一つの楽しみは、山間部の棚田の風景がどのように撮られているかでしたが、
          こちらは期待したほどのものではありませんでした。    監督:西川美和

f0089349_21411960.jpg

f0089349_21445415.jpg


by kamoshiday | 2009-07-16 21:47 | チョッと一言 | Comments(6)
Commented by hitatinotono at 2009-07-16 22:31
2枚の写真が引き立つ、解説文+kamo感が
表現されてます・・・脱帽。
Commented by ワンちゃん at 2009-07-17 00:19 x
>高齢者が半数以上の村で、たった一人の医師である彼には、「無資格医」という大きな秘密があった。 ある時、あるきっかけで彼は失踪し、警察に追われる立場となったが、それまでの献身的に尽くした彼の姿を見ていると、「それでもいいじゃないか・・・」と言いたくなるような人間味溢れる物語でした。
*話題作を早速、見てこられたみたいですね…kamoさんならではの名添え書き…感服です。
小生も、新聞で知って 5月にこの映画のロケ地の棚田に行ってきました。

*全国区のビッグコンテストに入賞しました…お出で頂けると嬉しいです。
Commented by ゆうこく at 2009-07-17 00:51 x
腹痛をいろいろと医学的に説明してくれる医師よりも 腹が痛い それなら「腹痛だよ」とやさしく言ってくれる医者のほうが良いと いなかのおばあちゃんは言っていました。医術の資格は無くてね仁術があるのでしょうね。
今日は行田市古代蓮の里シリーズです。里に咲く蓮以外の花々です。
Commented by kamoshiday at 2009-07-17 19:54
tonoさん、こんばんは
久し振りの映画でした・・・たまにはいいもんですね。
Commented by kamoshiday at 2009-07-17 19:59
ワンちゃん、こんばんは
この棚田へ行かれましたか。もう少し山間部の棚田のシーンを入れて
欲しかったですね。朝焼けの棚田とか・・・
またまた入賞されましたか、おめでとうございます。後ほどご訪問します。
Commented by kamoshiday at 2009-07-17 20:04
ゆうこくさん、こんばんは
病は気から・・・と言いますから、技術よりもコミニュケーションが効く場合もあるでしょうね。


<< エントランスホール      梅雨が明けました・・・ >>