2009年 03月 11日

「志賀高原ロマン美術館」で・・・

    2日目の最後は、「志賀高原ロマン美術館」で開催されていた「スノーモンキー写真展」を観た。
    野猿の生態を撮り続ける写真家10名の写真展であるが、その中でも、厳冬の中で生き延びる
    野猿の姿を捉えた写真の数々は感動的でした。
 
           感動した写真の中の一枚                         (転載許可済)
f0089349_2104922.jpg

           その他常設展示品から・・・「ガラスの天使」     ガラス作家「吉本由美子」氏作
f0089349_2142499.jpg
f0089349_21432646.jpg
f0089349_21434278.jpg

      ランプ       
f0089349_21474941.jpg

      「志賀高原ロマン美術館」外観
f0089349_21484153.jpg


by kamoshiday | 2009-03-11 22:13 | 県外あちこち  | Comments(10)
Commented by hitatinotono at 2009-03-11 22:27
視点が巧いですね~kamoさん???
納得の一枚ですね。
Commented by 5355iyoko at 2009-03-12 00:08
本当に感動物ですね、人間以上の何か熱いものが伝わって来る感じの写真です、
人もこうあったなら、子殺し・親殺しなんて無いのでしょうが(/_;)
「志賀高原ロマン美術館」一度行ってみたい!・・・ガラス工芸って未知へのロマンですよね。
Commented by henryworld at 2009-03-12 18:08
子猿の表情がなんとも言えません。志賀高原にも立派な美術館
が出来ているのですね。湯田中に近いところにあるのでしょうか?
Commented by kamoshiday at 2009-03-12 21:01
tonoさん、こんばんは
巧いですよねぇ。感動ものでした・・・・。
Commented by kamoshiday at 2009-03-12 21:07
あ~ちゃん、こんばんは
慈愛に満ちたこの表情には人間も及びませんね。人間もこんな
深い愛情で育てられたら・・・いい世の中になるでしょうね。
ガラス工芸は美しいですね。写真ではとても表現できません・・・
Commented by kamoshiday at 2009-03-12 21:11
henryworldさん、こんばんは
癒されました。美術館は、湯田中から車で10分位のところでしたね。
近いですよ。是非・・・
Commented by geiei at 2009-03-12 23:31
硝子で出来た天使。正に抱きしめたら粉々になりそうですね。
Commented by rainbowdream700 at 2009-03-13 11:01
1枚目のような写真を撮りたいですね。親子の強い絆がひしひしと伝わってきますね。kamoshidayさんの写真もまったく遜色ありません。
Commented by kamoshiday at 2009-03-13 20:05
geieiさん、こんばんは
繊細で、作るのも大変でしょうね。
Commented by kamoshiday at 2009-03-13 20:08
rainbowdreamさん、こんばんは
>親子の強い絆・・・本当ですね。人間以上かも知れませんね。
私のはただ撮っただけで、足元にも及びませんよ。


<< 桜が咲きました・・・      「野猿公苑」・・・② >>